テーマ:三番瀬

カラシラサギ

★Chinese Egret molting to Non-breeding plumage. 28th Aug 2015 Chiba Pref. 毎年8月末は何かしら出るので、フィールドに向かう時のワクワク感は倍増します。 何が入るか分からない、楽しい季節です・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オォ、メダイだ~

昔は稀だったと聞いているけれど、 いまや秋の渡りの常連種の仲間入り。 個人的には、これを見ると渡りの始まりが始まったなぁと感じます。 Greater Sand Plover molt to non-breeding. 23rd Jul 2015 Chiba Pref. Japan.
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

極東のかーりゅー。

毎年、3月下旬にはやってくるこのシギ。 個人的にはこの鳥を見てからが春の開幕ということにしています・・・。 毎年1羽から3羽程度ですが、体が大きいためか干潟上を歩いていると存在感がありますね。 見かけによらず(?)意外と神経質な個体が多いようで近寄らせてくれないことが多いが、この日は珍しく寄れた。 到着して間もない頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あめりかん

アメリカヒドリ Anas americana American Wigeon 主な識別ポイントは嘴基部の黒線、脇羽、脇の色。 画像は10月31日撮影のモノ。この日はまだ嘴基部の黒線がイマイチ不明瞭で顔も赤味が感じられるなど、 純粋とするには納得がいかなかった。 しかし、後日他の方が撮られた画像を見て嘴基部の線が明瞭に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コオバシギ Red knot 夏羽から冬羽。 亜種って、C.c.roselaariよね? 10月に夏羽を残した個体は初観察。 成鳥自体、MFでは2年ぶり。 9月23日以降、継続して観察できているので換羽の経過を追えている。 これについてはまたの機会に・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レアだけど普通種・・・?

ハジロコチドリ。 Common Ringed Plover 9/19. Chiba Prefecture 毎年、谷津干潟界隈では2羽か3羽見られるこの鳥。 ミヤコドリやビロードキンクロと並んで、冬の東京湾の名物といえますね。 この日は2個体を観察しました。 ここでは奥を個体A、手前の個体を個体Bと命名…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コシジロちゃん

亜種コシジロオオソリハシシギ? Limosa lapponica menzbieri ?? オオソリハシシギは東京湾では代表的なシギです。 三番瀬や谷津干潟では、春の渡りの時期は、5月初旬から中旬にかけて多い日は150羽近く見られます。 (1970代の谷津干潟は500羽近く入っていたとか!) 一方、秋は渡りのルートが異な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機材

●フィールドスコープ VixenのED82(傾斜型)、NikonのED50(傾斜型) 鳥が遠いことが多かったり、広いところに行くときは専らED82を使用。 近くで見られそうだったり用事のついでなどはED50です。 ●双眼鏡 Nikonモナーク (10x36) ●カメラ Panasonic Lumix fz200…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more