テーマ:谷津干潟

干潟のモデル。。。

先週末も近場の干潟。 そこでは夏本番を知らせてくれる鳥が来ていた。 スラッと伸びている体の割に細長い足、横長でシャープな体型。 まさにモデル体型。多くの人が、「この体型に少しでも近づきたい!」と思うだろうが、このオオメダイチドリは見事なまでにこの体型を備えている鳥だと思う。しかも生まれて数週間にしてこの体型を獲得して、一生この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

にらめっこ 鳥vs人

25th Jun 2016 Chibe Pref,Japan 日本で一番小さいサギの仲間、ヨシゴイ。前回のゴイサギ(http://waterbirdslover.at.webry.info/201607/article_3.html)と同じグループの鳥。 画像の顔に注目。スコープで観察中に見せつけてきた表情ですが、この顔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽白

毎年夏羽を期待しますが、完成には程遠い状態でいなくなるんですよね…(笑) 17th Apr 2015 Yatsuhigata,JAPAN. Common Ringed Plover ハジロコチドリ 4月も20日を過ぎたので、狂女や当年も続々と渡って来るかな。 黒いのや足に水掻きのある種類を見つけてみたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再び・・・

8月に見つけたものと同じ場所で再び発見。 エサに夢中で人は視界に入らないからなのか、真下まで来てしまうので類似種との識別に有効なポイントである足がきちんと写らない。こうした人に対して警戒心がない行動は、シギチドリでは幼鳥に顕著。 やや褪色しているとはいえ黒味のある軸班が「西」の雰囲気を醸し出していた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

置き土産

コシジロウミツバメ。 昨晩駆け抜けていった台風の置き土産でしょう。 朝は干潟内を飛んでいたようですが、着いたときは植え込みの中に。 保護されて、行徳の野鳥病院へと搬送されていきました・・・。 無事に海に放たれるといいのですが。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more